先輩たちの声

oosako 誠実に取り組めば、前進していくことができる職場

大迫 祥子 (2000年4月入社)
 入社前に、店舗を見学した際に会社の目指すものなど説明を受け、「この会社は薬剤師というものを変えていこうとしている」と強く感じ感激したのを覚えています。 10年経った今も、会社の印象に変わりはありません。
薬剤師は、ただ薬の知識のみを提供するのではなく、医師の治療指針を理解して患者様の為に何を自分がするべきか常に考えて動く必要があり、非常にやりがいを感じる仕事です。その反面、患者様のお気持ちをうまく理解できなかったり、医師とのコミュニケーションが上手に図れなかったりと壁にぶっかることも多くありました。そんな時も、真剣に上司がアドバイスをくれ、徐々に解決する力がついてきました。
「ここで誠実に仕事に取り組んでいけばきっと前に進める」友愛メディカルは私にはそう信じさせてくれる職場です。



oosako 指導薬剤師・専門薬剤師としても活躍できます

紅谷 歩 (2006年4月入社)
  私は学生時代から患者様と距離の近い調剤薬局への就職を希望していましたが、店舗を見学した際に、患者様に親身に接し、生き生きと働くスタッフの姿を見て、そして自分が関心のある在宅に力を入れている事に魅力を感じて友愛メディカルヘの入社を決めました。
 入社後はまず1か月の新人研修で様々な店舗を周り、その後配属となった店舗で1年間、年齢の近い教育担当の先生の元で色々と教えて頂きました。その後は総合病院の前の店舗等をいくつ か経験し、現在は軽井沢店の薬局長として勤務しています。
 私は学生の頃から禁煙支援や未成年の喫煙などのタバコ問題に関心があり、就職後は薬剤師と して何か活動をしたいと考えていました。そこで、先輩方のアドバイスを受けて日本禁煙学会の認定指導薬剤師となり、薬局内で取り組んだ禁煙支援について学会で発表したり、薬物乱用防止のー環として地域の小・中学校で喫煙防止教育に参加したりと、様々な活動に参加させて頂いています。学会発表においては準備から発表まで指導・支援してくれる土壌が社内にあり色々と勉強 する事ができ、良い経験となりました。
 最近はがん専門薬剤師や精神科専門薬剤師などの様々な分野で専門薬剤師制度があり、調剤薬局でも服薬指導を通じて専門性を生かせる機会が多くあります。今後は禁煙のみならず、在宅や他の分野も勉強していきたいと考えています。
 まだまだ経験不足で患者様に教えて頂く事も多いですが、服薬指導の中で患者様の役に立てたと感じる事も多く、毎日やりがいを感じています。これからもひとりひとりの患者様を大切にし、薬剤師という職業を通じて少しでも社会に貢献できるよう、毎日頑張っていきたいと思っています 。



kinosita 恵まれた環境の中で、日々勉強中

木下 佳苗 (2008年4月入社)
 薬剤師として仕事をしていると求められるものの膨大さとともにその期待に応える大変さを日々痛感しますが、自分の努力や積み重ねた知識が患者様の助けとなり、「ありがとう」と言って頂いた時の充足感はその分大きく、それらがこの仕事に強いやりがいを感じる瞬間でもあります。
友愛メディカルでは東葛薬学研究会を始め各所で行われる勉強会・学会等への積極的な参加を支援してくれるので、常に最新かつ専門的な知識を要する薬剤師には必須となる勉強の機会が豊富に与えられています。また、職場の雰囲気も良く、見本としたい頼りになる先輩方がたくさんいらっしやるので環境にとても恵まれていると思います。こういった環境を生かして、患者様の問題をよ りよい方向で解決できる薬剤師を目指していきたいと思っています。